プライバシーポリシー事務局
English
メニュー

事業事業-出版

  • JSCES
    • What's New
    • 学会からのお知らせ

      ニュースレター

    • 概要
    • 設立趣旨・目的

      会長挨拶

      歴代会長

      運営体制

      定款

      倫理規定

    • 組織
    • 役員

      代表会員

      特別会員

      フェロー会員

      名誉会員

      各種委員会

      選挙既定

    • 事業
    • 学会誌「計算工学」

      計算工学講演会

      日本計算工学会論文集

      講習会

      出版

      研究会

    • 表彰
    • 2016年度受賞者

      1999~2015年度受賞者

      歴代受賞者

      規定・推薦書様式等

  • 他学会交流
    • 国際交流
    • 国際会議情報

      主催国際会議

      2国間ワークショップ

      国際組織

    • 会員
    • 会員規定

      入会のご案内

      会員システムログイン

  • 計算工学講演会
  • 日本計算工学論文集

工学シミュレーションの標準手順  第2版工学シミュレーションの標準手順 第2版

工学シミュレーションの標準手順 第2版

日本計算工学会標準 | JSCES Standards | JSCES S-HQC002:2015
工学シミュレーションの標準手順 第2版
A Model Procedure for Engineering Simulation

工学シミュレーションの標準手順
【定価】
2,500円(税込)
【会員価格】
1,500円(税込)
【送料】
500円(税込、申込冊数によらず同額)
【編集】
一般社団法人 日本計算工学会
シミュレーションの品質・信頼性に関わる調査・研究分科会
(略称: HQC分科会、High Quality Computing)
2015年5月1日発行
ISBN978-4-9905870-4-8 C3050

本書の紹介

工学シミュレーションの標準手順(以下、本書という)は、構造解析や流体解析などの工学シミュレーションを行う場合の標準的な手順をまとめたものである。本書は以下の方針に従って作成されている。

  • 本計算工学会標準「工学シミュレーションの品質マネジメント」(JSCES S-HQC001:2014、以下HQC001という)の要求事項に基づく。
  • 工学シミュレーションの品質保証のための重要な概念である、検証と妥当性確認(Verification & Validation、V&V)を基軸とする品質保証プロセスの実務的な適用方法を示す。
  • 組織が、工学シミュレーション業務に対するISO9001 認証を取得する場合の業務マニュアルの原型を示す。

従来は、それぞれの組織がISO9001の要求事項を自ら解釈して、業務マニュアルを作成していると予想されるが、工学シミュレーションの品質保証に関わり、広く受け入れられている指針は少ない。HQC001は、ISO9001を工学シミュレーションに展開した場合の基礎的な要求事項をまとめている。本書は、HQC001に基づいて、工学シミュレーションを行う手順をまとめたもので、ISO9001 認証を取得する場合の業務マニュアルの原型としても利用できるように構成した。本書において特に重視している点は、計画時に必要な技術的検討を十分行なうことと、検証と妥当性確認の概念をよく理解した上で一連の解析作業を行うことである。

第2版においては、標準手順の中の不適合品の管理等の内容を補強し、さらに是正措置・予防措置のプロセスを追加した。また妥当性確認と論証材料の取得方法に係わる附属書を追加した。解説においてはV&Vと標準手順の関係、モデルV&Vと品質V&Vに係わる内容を追加した。この全般として記述内容の点検と部分的な修正を行っている。

目次

本文及び附属書

1. 一般/1.1 適用する業務範囲/1.2 関連規定/1.3 支援文書/1.4 重要な用語
2. 標準手順/2.1 契約内容の確認/2.2 業務範囲の明確化とレビュー/2.3 実行計画書の作成/2.4 解析計画書の作成とレビュー/2.5 解析モデルの作成及び計算の実行/2.6 解析の検証/2.7 解析の妥当性確認とレビュー/2.8 図化処理:報告用/2.9 報告書作成/2.10 最終検査・納品/2.11 データの保管/2.12 不適合品の管理/2.13 解析の変更管理/2.14 顧客とのコミュニケーション/2.15 解析プロセスの妥当性確認/2.16 是正措置・予防措置
附属書A 解析計画書の標準的な構成
附属書B 解析報告書の標準的な構成例
附属書C 解析の検証と妥当性確認の方法
附属書D 妥当性確認の手順と論証材料の取得

解説

解説1.1 適用する業務範囲/解説1.2 関連規定/解説1.3 支援文書/解説1.4 重要な用語
解説2. 標準手順/解説2.1 瑕疵担保条項/解説2.2 適用規格・基準(及び解析の重要度)/解説2.4 解析計画書の作成とレビュー/解説2.7 解析の妥当性確認とレビュー/解説2.8 図化処理/解説2.12 データの保管/解説2.13 解析プロセスの妥当性確認/解説2.14 解析業務における是正措置・予防措置
補足1. 海外の標準・ガイドライン
補足2. ASME V&VとISO9001及び本書におけるV&Vの比較
補足3. V&Vと標準手順
補足4. モデルV&Vと品質V&V
参考文献

申し込み方法

学会HPより申込用紙をダウンロードし、日本計算工学会事務局に、電子メールの添付ファイルまたはFAXにてお送りください。申し込み方法はこちらへ

一般社団法人 日本計算工学会 事務局
〒113-0023 東京都文京区向丘1-1-2 IFP東大前ビル
電子メール: office@jsces.org   電話、FAX: 03-3868-8957
振込口座 三菱東京UFJ銀行本郷支店(普)0052024