プライバシーポリシー事務局
English
メニュー

事業事業-研究会

  • JSCES
    • What's New
    • 学会からのお知らせ

      ニュースレター

    • 概要
    • 設立趣旨・目的

      会長挨拶

      歴代会長

      運営体制

      定款

      倫理規定

    • 組織
    • 役員

      代表会員

      特別会員

      フェロー会員

      名誉会員

      各種委員会

      選挙既定

    • 事業
    • 学会誌「計算工学」

      計算工学講演会

      日本計算工学会論文集

      講習会

      出版

      研究会

    • 表彰
    • 2016年度受賞者

      1999~2015年度受賞者

      歴代受賞者

      規定・推薦書様式等

  • 他学会交流
    • 国際交流
    • 国際会議情報

      主催国際会議

      2国間ワークショップ

      国際組織

    • 会員
    • 会員規定

      入会のご案内

      会員システムログイン

  • 計算工学講演会
  • 日本計算工学論文集

計算工学教育に関する研究会

設置の趣旨

企業における技術者の育成という視点から、大学から企業への一貫性・継続性も含めて、計算工学教育における、あるべきカリキュラムを検討し提示する。対象分野は、当面は「計算力学」の分野とする。

具体的には

1)計算力学は、理論、試験・実験、計算(シミュレーション)という問題解決のための三位一体の重要な一環であること、および関連工学の総合化を必要とするということを、カリキュラムを通じて具現化する。

2)企業において問題解決型で目的を達成できるような技術者の育成のために、大学から企業の一貫性を念頭にして、主に大学における計算力学教育について検討し、必要に応じて基礎工学の再編も織り込む。

研究成果は、大学から企業までの一貫した計算力学分野の教育カリキュラムの提示である。

体制

主査:菊地厖(数値解析開発㈱)

副主査:長嶋利夫(上智大)

幹事:渡邉浩志(エムエスシーソフトウエア㈱)

委員:長谷川浩志(芝浦工大)、小林卓哉(メカニカルデザイン㈱)

問い合わせ先

菊地厖