プライバシーポリシー事務局
English
メニュー

表彰表彰

  • JSCES
    • What's New
    • 学会からのお知らせ

      ニュースレター

    • 概要
    • 設立趣旨・目的

      会長挨拶

      歴代会長

      運営体制

      定款

      倫理規定

    • 組織
    • 役員

      代表会員

      特別会員

      フェロー会員

      名誉会員

      各種委員会

      選挙既定

    • 事業
    • 学会誌「計算工学」

      計算工学講演会

      日本計算工学会論文集

      講習会

      出版

      研究会

    • 表彰
    • 2016年度受賞者

      1999~2015年度受賞者

      歴代受賞者

      規定・推薦書様式等

  • 他学会交流
    • 国際交流
    • 国際会議情報

      主催国際会議

      2国間ワークショップ

      国際組織

    • 会員
    • 会員規定

      入会のご案内

      会員システムログイン

  • 計算工学講演会
  • 日本計算工学論文集

2017年度受賞者2017年度受賞者

日本計算工学会では、計算工学に関わる学問および技術向上の発展に貢献した会員を称えるため、学会賞を授与しています。学会賞には、(1) 功績賞、(2) 川井メダル、(3) 庄子メダル、(4) 論文賞、(5) 技術賞、(6) 論文奨励賞、(7) 博士論文賞、(8) 計算工学大賞、(9) 功労賞があります。功績賞は、計算工学の発展に著しい貢献のあった会員を表彰し、その功績を称えることを目的としています。川井メダルは、本学会の初代会長川井忠彦先生の功績を記念して設けられた賞で、若くして、計算工学分野において顕著な学術・研究成果を挙げ、計算工学の発展に多大な貢献をした会員を表彰し、その功績を称えることを目的としています。対象者は、受賞年の4月1日現在で年齢が50歳未満の会員です。庄子メダルは、本会の民間出身の初代会長を務めた庄子幹雄氏の功績を記念して設けられた賞で、産業界における計算工学の発展に特別の貢献のあった会員に授与されます。論文賞は計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者である会員に授与されます。技術賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる技術、作品の開発者である会員に授与されます。論文奨励賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者で、今後の発展を奨励することが適当と認められ、受賞者の年齢が受賞年の4月1日現在で40歳未満の正会員または学生会員に授与されます。博士論文賞は、特定の研究領域を深化させることで計算工学の可能性を高めたことが認められる博士論文の著者で、自身の更なる発展と計算工学への貢献が大いに期待され、年齢が受賞年の4月1日現在で35歳未満の会員に授与されます。

表彰委員会における厳正な審査の結果、平成29年度につきましては、下記の方々が受賞され、5月22日に開催された総会において表彰されました。さらに、新たにフェローになられた越塚誠一氏(東京大学)にフェロー認定証が授与されました。なお、平成29年度は、計算工学大賞については、該当者がいませんでした。

2017(平成29)年度贈賞者リスト

(1) 功績賞

越塚 誠一(東京大学)
越塚氏は、数値流体力学および計算工学分野の研究に従事し、独自の粒子法であるMoving Particle Semi-implicit(MPS)法を考案、幅広い分野に適用し、多くの成果を挙げてきた。また、同氏は本会に設置されたシミュレーションの品質保証に関する研究分科会、研究会の副主査あるいは主査として、この分野を牽引してきた。さらに、同氏は2006年度から2011年度まで理事、2012-2013年度には副会長、2014-2015年度には会長、2016-2017年度には幹事を務め、学会の運営と発展に大きく寄与した。
角 洋一(横浜国立大学・放送大学)
角氏は、破壊力学への計算力学の適用において先駆的な研究を行い、有限要素法による3次元破壊力学解析および脆性き裂伝播のシミュレーションについて顕著な功績を残してきた。また、同氏は本会の設立から創成期における学会運営に尽力され、第1回から第5回までの計算工学講演会実行委員を務めるなど学会の基盤形成と発展に大きく貢献した。

(2) 川井メダル

長谷川 浩志(芝浦工業大学)
長谷川氏は、企業在籍時は最適化技術の産業界への普及に貢献するとともに、大学移籍後は設計論、システムズエンジニアリングへ研究分野を広げ、関連した論文35編以上、書籍を5冊出版している。また、本会に設置されたシミュレーションの品質保証に関わる研究分科会、研究会において委員、幹事としてシステムエンジニアリングの観点からこの分野を牽引してきた。さらに、本会では2016年度から理事を務め、学会の運営にも尽力している。

(3) 庄子メダル

櫻庭 雅明(日本工営株式会社)
櫻庭氏は、建設コンサルタントにおいて河川や海岸等の解析技術の研究および実務に従事し、実用的な自由表面問題の有限要素法に基づくシミュレーション技術を開発するなど、建設分野における防災シミュレーションの高度化と発展に寄与した。また、本会の「多元災害研究会」の副主査として精力的に活動し、この分野の計算工学の進展に貢献している。

(4) 論文賞

島崎 紗緒里(トヨタ自動車株式会社)、長嶋 利夫(上智大学)
「結合力モデルを用いた準三次元XFEMによるCFRP積層板の損傷進展解析」Paper No.20170008
本論文は、準3次元XFEMとZig-zag CZMによる新しい解析手法を提案し、CFRP積層試験片の損傷進展解析に適用したものである。提案された手法については、理論解との比較により検証されるとともに、実用性、有用性も示されている。提案された手法は、今後、実用的CFRP積層構造に適用も期待されるものであり、将来性・発展性が高く評価された。
山口 裕矢(東北大学)、高瀬 慎介(八戸工業大学)、森口 周二(東北大学)、小田 憲一(日本大学)、上石 勲(防災科学技術研究所)
「非ニュートン流体モデルを用いた雪崩の3次元非構造有限要素解析」 Paper No.20170011
本論文は、雪崩の3次元流動問題を混相流としてモデル化、自由表面を考慮した有限要素法に基づく非構造メッシュを用いた数値シミュレーション手法を提案したものである。提案された手法は、模型実験との比較により妥当性の確認が行われており、実用性、有用性が高く評価できるとともに将来性が期待される。

(5) 技術賞

久芳 将之(株式会社ソフトウェアクレイドル)
久芳氏は、素材メーカー、コンサルティング会社を経て2002年に熱流体解析ソフトウェアの国内開発ベンダーである株式会社ソフトウェアクレイドルに入社し、技術サポート、技術部部長を経て2014年代表取締役社長に就任した。同氏は、ユーザーとしてソフトウェアを利用してきた経験を生かし、汎用流体解析ソフトウェアである「STREAM」「SCRYU/Tetra」「scFLOW」の開発、改良、サポートに従事し、国産の先端的ソフトウェアの海外を含めた展開を進め、日本の計算工学分野の発展に大きく寄与した。

(6) 論文奨励賞

中居 寛明(株式会社IHI)
「高圧ガスパイプラインにおける高速延性破壊の流体-構造-破壊連成一次元モデル -モデル構築 (第1報)-」 Paper No.20160003
本論文は、高圧ガスパイプラインにおける高速延性破壊時に関連するパイプ内のガスの減圧、パイプ内の変形および亀裂伝搬の相互作用を記述する流体-構造-破壊連成一次元モデルを新たに理論的に導出したものであり、独創性・新規性が高く評価できる。さらに、開発された手法は高速かつ高精度なものであり、大規模な実設計問題への展開が可能であることから、実用性・発展性も大きく期待できる。
西 紳之介(東北大学)
「熱変形制御を目的とする複合板のマルチスケールトポロジー最適化」 Paper No.20160024
本論文は、面内に周期的な不均質性を有する複合板において、マクロな熱変形を制御するミクロ構造の形態・形状を決定するマルチスケールトポロジー最適化の手法を提案したものである。提案された定式化は大たわみを考慮した板理論によるものであり、その新規性が高く評価されるとともに、実用性についても期待できる。

(7) 博士論文賞

新宅 勇一(筑波大学)
「一般化結合力モデルと結合力埋込型損傷構成則を用いたシームレスき裂進展解析手法の開発」(東北大学)
対象となった博士学位論文は、多種多様な破壊現象を表現可能な一般化結合力モデルを材料構成則として考慮した結合力埋め込み型損傷モデルを提案し、破壊の初期段階からき裂面が完全に形成される破壊の最終段階までを一貫して取り扱うことのできる数理モデルと計算アルゴリズムを提案したものであり、独創性とともに有用性が期待される手法を論じたものとして高く評価できる。
三目 直登(東京大学)
「Integrated Coupled Simulation for Multi-scale and Multi-physics Tsunami Analysis」(東京大学)
対象となった博士学位論文は、流体と構造物の連成現象を海洋から沿岸域を通過し陸地に押し寄せる津波のマルチスケール性を含めて取り扱うことが可能な数理モデルとその並列計算アルゴリズムを提案したものである。論文では、検証と妥当性確認により提案手法の信頼性も示され、数理から並列実装までの幅広い内容に関して高いレベルで論じたものとして高く評価できる。
山本 剛大(東北大学)
「厚肉構造に対応したシェル要素による数値解析」(横浜国立大学)
対象となった博士学位論文は、塑性変形に伴う大ひずみを考慮するため、板厚方向の変位自由度を付加した新しいシェル要素を提案するとともに、シェル要素では考慮できない局所的な変形をソリッド要素取り扱うためのシェル要素とソリッド要素を接合する手法を論じたものであり、計算力学分野の基盤技術を扱ったものとして高く評価できる。

(8) 功労賞

上田 真稔(元 株式会社竹中工務店)
上田氏は、本会の立ち上げのために設置された日本計算工学会設立準備会委員会の産業界からの委員として参画し、本会の大きな特徴である産業界を重視した運営形態を主導された功労者の一人である。本会発足後も、理事として、設立時の会員の増員に向けた活動や特別会員の増強に尽力され、本会の安定した会員組織の基盤を構築した功績は顕著である。
大崎 俊彦(株式会社先端力学シミュレーション研究所)
大崎氏は、本会の立ち上げのために設置された日本計算工学会設立準備会の産業界からの委員として加わるとともに、本会の発足後も理事として運営、発展に貢献された。また、プロジェクト研究委員会の責任者として政府機関との協力した研究開発を推進し、我が国の計算工学分野の基盤を強化するとともに、本会の産官学融合の方向性を示した功績は顕著である。
総会懇親会にて

総会表彰式にて
【前列左より】越塚 誠一氏、角 洋一氏、庄子 幹雄氏、寺田 賢二郎氏、大崎 俊彦氏、長谷川 浩志氏、櫻庭 雅明氏
【後列左より】森口 周二氏、中居 寛明氏、久芳 将之氏、長嶋 利夫氏、島崎 紗緒里氏、山口 裕矢氏、西 紳之介氏、山本 剛大氏、三目 直登氏、小田 憲一氏