プライバシーポリシー事務局
English
メニュー

表彰表彰

  • JSCES
    • What's New
    • 学会からのお知らせ

      ニュースレター

    • 概要
    • 設立趣旨・目的

      会長挨拶

      歴代会長

      運営体制

      定款

      倫理規定

    • 組織
    • 役員

      代表会員

      特別会員

      フェロー会員

      名誉会員

      各種委員会

      選挙既定

    • 事業
    • 学会誌「計算工学」

      計算工学講演会

      日本計算工学会論文集

      講習会

      出版

      研究会

    • 表彰
    • 2016年度受賞者

      1999~2015年度受賞者

      歴代受賞者

      規定・推薦書様式等

  • 他学会交流
    • 国際交流
    • 国際会議情報

      主催国際会議

      2国間ワークショップ

      国際組織

    • 会員
    • 会員規定

      入会のご案内

      会員システムログイン

  • 計算工学講演会
  • 日本計算工学論文集

2016年度受賞者2016年度受賞者

日本計算工学会では、計算工学に関わる学問および技術向上の発展に貢献した会員を称えるため、学会賞を授与しています。学会賞には、(1) 計算工学大賞、(2) 功績賞、(3) 川井メダル、(4)庄子メダル 、(5)論文賞、(6) 技術賞、(7) 論文奨励賞、(8) 博士論文賞、(9) 功労賞があります。計算工学大賞は、計算工学の学術的な発展に対して世界的に顕著な貢献のあった方(会員である必要はありません)に授与されます。功績賞は、計算工学の発展に著しい貢献のあった会員を表彰し、その功績を称えることを目的としています。川井メダルは、本学会の初代会長川井忠彦先生の功績を記念して設けられた賞で、若くして、計算工学分野において顕著な学術・研究成果を挙げ、計算工学の発展に多大な貢献をした会員を表彰し、その功績を称えることを目的としています。対象者は、受賞年の4月1日現在で年齢が50歳未満の会員です。庄子メダルは、本会の民間出身の初代会長を務めた庄子幹雄氏の功績を記念して設けられた賞で、産業界における計算工学の発展に特別の貢献のあった会員に授与されます。論文賞は計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者である会員に授与されます。技術賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる技術、作品の開発者である会員に授与されます。論文奨励賞は、計算工学の発展に顕著な貢献をしたと認められる論文の著者で、今後の発展を奨励することが適当と認められ、受賞者の年齢が受賞年の4月1日現在で40歳未満の正会員または学生会員に授与されます。博士論文賞は、特定の研究領域を深化させることで計算工学の可能性を高めたことが認められる博士論文の著者で、自身の更なる発展と計算工学への貢献が大いに期待され、年齢が受賞年の4月1日現在で35歳未満の会員に授与されます。

表彰委員会における厳正な審査の結果、平成28年度につきましては、下記の方々が受賞され、5月19日に開催された総会において表彰されました(計算工学大賞については、第22回計算工学講演会において、6月1日に授与されました)。さらに、新たに名誉会員になられた菊地文雄氏(東京大学名誉教授)に名誉会員証が、フェローになられた小林卓哉氏(株式会社メカニカルデザイン)、佐々木直哉氏(株式会社日立製作所)にフェロー認定証が授与されました。なお、平成28年度は、博士論文賞については、該当者がいませんでした。

平成28年度贈賞者リスト

(1) 計算工学大賞

Charbel Farhat(米国スタンフォード大学)
Farhat氏は、長年、数値流体力学および大規模計算の多岐にわたる研究分野において数多くの研究成果を残してきた。特に領域分割型並列連立1次方程式解法 FETIや移動格子流体計算における離散幾何学的保存則等の先駆的かつ基盤的な研究は、大規模計算および流体−構造連成解析の発展および実用化を進めるものとして高く評価されている。また、280編を越える査読付き論文、30以上の著書の執筆、分担を行うとともに、国際計算力学連合(IACM)等の役員や伝統ある学術誌International Journal for Numerical Methods in Engineeringの責任編集者を務めるなど、計算工学分野の世界的な学術的発展への貢献が顕著である。

(2) 功績賞

都井 裕(東京大学)
都井氏は、計算固体力学分野において、構造挙動と材料挙動を中心とする非線形問題を対象として、有限要素法、メッシュレス法、メゾ解析手法等の数値計算手法の開発と工業設計・先端テクノロジーへの応用に関する研究で成果を残してきた。また、同氏は本会の設立から創成期における学会運営に尽力され、1998年度から2008年度まで理事を務めた。特に財務担当理事としての学会の財政基盤確立に対する貢献は顕著であり、学会の発展に大きく寄与した。
姫野 龍太郎(理化学研究所)
姫野氏は、数値流体力学、ハイパフォーマンスコンピューティング、ライフサイエンス・医工学分野のソフトウェア開発・普及、マルチスケール/マルチフィジックス問題の数値解法等、多くの計算力学的研究に携わり、さまざまな成果を残してきた。特に、「京」コンピュータとその関連アプリケーションソフトウエア開発では、指導的立場からそれらの開発を成功に導いた。また、本会では2006年から2010年までは理事、2008、2009年度には副会長を務め、学会の発展に大きく寄与した。

(3) 川井メダル

塩谷 隆二(東洋大学)
塩谷氏は、大規模並列有限要素法、ハイパフォーマンスコンピューティング分野の研究の第一人者であり、関連した論文40編以上、書籍を8冊出版している。特に、日本学術振興会未来開拓学術事業の採択課題幹事、地球シミュレータ利用プロジェクト、JST CRESTの研究代表者として、継続的に最先端のスーパーコンピュータを利用した汎用並列有限要素法システムの開発及び公開に寄与してきた。また、本会では2016年度から理事を務め、学会の運営にも尽力している。

(4) 庄子メダル

櫻井 英行(清水建設株式会社)
櫻井氏は、造船会社に入社後からCAEに関する新規事業の立ち上げに携わり、現在の所属に移籍後は放射性廃棄物処分に関する研究開発に従事し、CAEを活用し多大な業績を上げた。特に地下水流動解析の研究においてメッシュフリー法を適用し、メッシュを活用した独創的かつ実用性の高い研究を行い、多数の優れた成果をあげてきた。近年は、土木分野を中心とした計算品質の向上(HQC、 V&V)の活動を牽引するとともに、2016年度から本会の理事を務め、学会の活動、運営にも大きく貢献している。

(5) 論文賞

松永拓也、柴田和也、室谷浩平、越塚誠一(東京大学)
「ミラー粒子境界表現を用いたMPS法による流体シミュレーション」Paper No.201640002
本論文は、MPS法による2次元流体シミュレーションのためのミラー粒子境界表現法の構築及び検証を行ったものである。従来の手法におけるシンプルなアルゴリズムは維持しつつ、境界条件取り扱いにおける課題を克服した新規性とともに、安定化のための係数の具体的な数値やミラー粒子生成アルゴリズムを提案するなどの実用性も示されている。今後、この方法の有効性に期待が持て、将来性・発展性を大きく期待できる。
新宅 勇一(筑波大学)
「結合力を埋め込んだ弾性損傷モデルの構築とそのき裂進展解析への適用」Paper No.20160011
本論文は、結合力モデルを材料構成則として考慮した結合力埋め込み型損傷モデルを提案し、き裂進展解析に適用したものである。独創的なモデル化に加え、具体的な計算アルゴリズムも提示されており有用性も高い。さらに、任意の結合力モデルに適用可能な形で定式化されており、将来性・発展性を大きく期待できる。

(6) 技術賞

立石 勝(株式会社テクノスター)
立石氏は、造船会社や世界的に著名なCAEソフトウエアベンダーでの業務経験を生かし、2002年に株式会社テクノスターを設立し、CAEユーザーの立場に立った利用価値の高いソフトウェアを開発・販売してきた。特に国産初汎用プリ・ポストプロセッサ「TSV-Pre/Post」や次世代の汎用構造解析環境を目指した「Jupiter」プラットフォームは、製造業の製品開発力強化に大きく貢献できるCAEソフトウェアとして高く評価されており、計算工学分野における希有な国産ソフトウェアベンダーを主導することで、日本の計算工学分野の発展に大きく寄与した。

(7) 論文奨励賞

荻野 正雄(名古屋大学)
「高周波電磁界シミュレーションにおける複素対称行列向け反復法の性能評価」Paper No.20140017
本論文は、高周波電磁場問題で現れる複素対称行列を対象とした連立1次方程式の求解法として、最小残差法を複素対称問題に適用できるように拡張した新たな反復法を提案し、その有効性を定量的に評価したものである。また、反復型部分構造法による並列アルゴリズムも合わせて提案しており、実用性も高く、将来性を大きく期待できる。
陳 曦(横浜国立大学)
「非正規分布の形状不確定性を考慮した確率有限要素法による構造解析手法の開発」Paper No.20160019
本論文は、多項式カオス展開法による確率分布に対する近似応答曲面を用いて、非正規確率分布に従う形状不確定性を考慮した確率有限要素法を構築したものである。近年、不確定性の定量化(UQ)において再び注目されている確率有限要素法に関する研究として、独創性、新規性とともに実用性、有用性も高く評価できるものであり、将来性も期待できる。

(8) 功労賞

菊地 厖(数値解析開発株式会社)
菊地氏は、本会の立ち上げに当たって設けられた日本計算工学会設立準備会に産業界の代表として加わり、本会の大きな特徴である産学官協力による運営形態を主導された功労者の一人である。本会発足後も、学術研究の産業利用を活性化や計算力学教育に関する計算工学講演会オーガナイズドセッションの企画、20周年記念出版事業の取りまとめ等の様々な本会の活動を通して産業界からの学会支援に尽力されており、本会の設立と発展、計算力学分野の人材育成に対する貢献は顕著である。
総会懇親会にて

総会表彰式にて:【前列左より】塩谷 隆二氏、立石 勝氏、姫野 龍太郎氏、庄子 幹雄氏、寺田 賢二郎氏、菊地 文雄氏、櫻井 英行氏、菊地 厖氏、佐々木 直哉氏【後列左より】陳 曦氏、荻野 正雄氏、新宅 勇一氏、越塚 誠一氏、松永 拓也氏